今や誰でもカメラを撮れます。 というのは、携帯やスマホ、デジカメのことになります。 誰でもどこでも、カメラを撮る。 こういう習慣は20年前ではありませんでした。 カメラは限られたごく一部の人の趣味でありました。 しかしながら、近年では誰でもがカメラマンでもあります。 写真の技術は、プロとアマの違いがかなり迫って来たように感じます。 ここで、素人でもカメラが上手に撮れるひとつの方法があります。 それは、カメラを縦にするのか横にするのか、これにつきます。 なんでもかんでも、横で撮る人は非常に多いのです。 しかしながら、被写体の状態に合わせて、 縦がいいのか横がいいのか、 これを一度考えて、シャッターを切ることで、 格段にカメラの技術は上達します。 ほとんどの人が横で撮る。 この事実を元に、一度、縦で撮ってみることをおすすめしたいです。 横を縦にするだけで、驚くほど、写真の見え方は変わるのです。 横位置の写真が多い中で、縦位置の写真があるだけで、 目立ち方はまるで異なるのです。