破産認定を受けた場合、どのような失うもの(デメリット)が存在するのかは検討した人々にとって最初に知っておきたい知識に違いないでしょう。80-14-145

これから破産宣告者が避けられない損に関連するリストを並べ書きにします。80-12-145

・役所の破産者の一覧に載せられます。80-2-145

※国の証明書を作成するための資料だから大抵の人は手に入れることができないし、免責の許諾がされれば消滅します。80-18-145

・官報で公開される。80-7-145

※市販の新聞とは違って普通の書籍店では置かれていませんし、一般の方々には関係性のないことであると言えるでしょう。80-5-145

・公法の資格限定。80-20-145

※破産宣告者になったときは会計士、税理士など有資格者は資格停止になるので作業が許されなくなります。80-19-145

・私法でのライセンス制限。80-16-145

※自己破産宣告者は後見者、連帯保証役、遺言実行者となることが無理になります。80-4-145

その他、合資の企業のメンバーと株式の会社、有限形式の会社の監査役は退任根拠になります。

・各種ローンやクレジット用カードを使用することが認められません。

破産管財人ケースのときは以下の限定も加わります。

・破産者の財産を独断で維持、譲渡することが許されなくなります。

・破産管財係や債権保有者委員会の申請があると十分な応答をしなければなりません。

・裁判所の許可をもらわずに住居の移動や大型の外出をすることは許されません。

・緊急であると許す場合には体を捕縛されるケースが存在します。

・送付物は破産管財者に届けられることになり破産管財担当者は受け取った送付物を開けることが許されます。

その他、自己破産者の損失について、一般に誤解されがちな項目をまとめにしてみます。

1戸籍データそれと住民票においては記録されません。

2組織は自己破産してしまったことを根拠に退職をせまることはできません。

※本人から言葉にしないかぎり他人に噂されることはないでしょう。

3選挙権限や選挙に立候補する権利などの公民の権利は止められません。

4保証者ではないときは、家族に代わりに払う義務はないです。

5最低限度の日常生活に必須な家財(パーソナルコンピューターデジタルテレビなどを含んで)衣服などは差し押さえられないです。

破産人のデメリットに関する項目をリストアップしました。

破産申立をするのなら返済責任は免除になりますが上記のような困難が避けられません。

行う上で効果も困難真剣に熟慮した方がよいと思います。



  • 80-9-145
  • 80-17-145
  • 80-15-145
  • 80-8-145
  • 80-10-145
  • 80-13-145 80-6-145 80-11-145