初心者向けのFX取引の本では「損失が生じたケースではナンピンをすることで、全体の平均の買い付けコストを低くする事が出来る」などと書かれていたりしますが、正直に言うとそこには相当の隠れたリスクが待ち受けています。一ヶ月で5キロ痩せたい

ナンピンの手法に関して分かりやすく記述しておきます。仕事を辞めたい旦那(夫)が転職をして人生を変えた体験談

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。エクオール

ドル買いということで、円安ドル高に向うほど黒字が大きくなりますが、思っていたのとは逆に1ドルが95円まで円高・ドル安方向に触れたとします。スレンダーマッチョプラスと金剛金シャツの比較

この状況でポジションを所有し続けたら損失が回復するまでには、ドル安になった分、円安ドル高に進む必要があります。らでぃっしゅぼーや お試し

皆さん、損は早めに回復したいと考えるでしょう。

そこで最初に売り買いしたのと同じだけの$(ドル)を1ドル=95円で買い増しする。

それで、平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

この結果、半分の幅で円安ドル高に向えば、赤字を取り戻す事が出来ます。

それが、ナンピン買いのやり方です。

このように、ナンピン買いの仕組みを目にすると「もっともだ」という考えになるが、マーケットは易々と思い通りにはいきません。

最初から、1ドル=95円より下がらないとは誰一人として分かるわけがありません。

たとえば、外国為替市場が相当に強いドル安トレンドであるならば、1ドル95円では収まらず、更に一段のドル安が進む危険性は高いです。

一例として、1ドル97.50円でナンピンをした時に、95円まで円高になっとしたならば、ナンピンした分についても赤字が生じてしまいます。

この状況では、最初に持ったポジションと一緒に、2倍の為替差損が生まれる事になります。

この例のように、ナンピンは難解です。

であるなら、マーケットがあなたのシナリオとは逆向きにさっと進んでしまった場合どういった対策で危機をコントロールすればいいのでしょうか。

選択する手段は限られています。

ひとつめは覚悟を決めて、ポジションを諦める事です。

もうひとつは現在、自分か所有しているポジションを縮小することによって、市場が元のようになるのを大人しく待ち望む事だけです。

かなり控えめな術だとみる投資家もいます。

だが、持っている買いポジションに損が生じた場合適切な方法はこれ以外にはありえません。

言うまでも無く、机上ではナンピンをしてみる方法も有効です。

しかしながらナンピン買いは、損をしている状態でポジションを減少させるどころか、ポジションを積んでいく手法です。

この方法では、危険を管理することなど、どこをどうやってもできない察するべきです。

ナンピン買いをし続けられればいずれは勝てるかもしれない。

でも、その前に資金はショートしてしまいます。